就農ガイダンス
 新規就農者に対する支援

1.就農準備研修等

区分 研修機関等 研修名 対象・内容
就農啓発・
準備研修
新潟県農林公社
青年農業者等育成センター
農業体験研修 農業や農村の暮らしを体験したい者及び新規に就農や法人就業をめざす者が対象。
研修期間に応じて4つのコースから選択。
・農業・農村体験研修(6日以内)
・短期農業体験研修(1週から1か月以内)
・中期農業体験研修(1か月から3か月以内)
・長期農業体験研修(3か月から1年未満)
研修者の希望をもとに登録された研修受入農家を紹介する。
研修費用は無料。ただし研修地までの交通費は自己負担。
技術習得
研修
   
経営普及課
(農業大学校)
就農経験段階別研修

新規就農者対象。基礎的技術支援、実践的技術支援、商品企画研修

農業大学校  就農実践コース 県内に就農を希望する方。農業大学校の授業とほ場栽培実習により農業経営に必要な基礎知識と実践的な技術を体系的に習得。(稲作コース、野菜コース)
また、各種農業機械等の免許・資格取得も可能。1年制。定員各コース6名程度。
就農アカデミー 県内に就農を希望する方や就農間もない方。月1回程度、農業大学校に通学し、稲作、野菜、果樹、花きの4コースで基礎的な理論や農業経営・農業機械の知識・技術を習得。1年制。定員50名。
農業普及指導
センター
ニュー農業塾 県指導農業士等を講師として実践的な技術、経営管理能力、組織運営能力を習得するほか、地域社会への奉仕精神等を学び総合的な実践能力の向上、農業経営の意欲向上をめざす。おおむね2年。

法人等
就業者の

仲間づくり
支援
  

経営普及課 
雇用主経営管理研修 労務管理等の基礎知識習得や情報交換。
地域振興局 新規就農者交流会
 
交流会による情報の共有化と仲間づくりを通じて就農意欲
の向上を図る。