就農ガイダンス
2.認定新規就農者制度とは

○ 制度の概要

  新たに農業経営を営もうとする青年等(農業経営開始後5年以内の青年等を含む)が、農業経営の開始時における農業経営の状況(初年度の場合は1年目の見込み、既に開始して いる場合は実績)、農業経営を開始して5年後に達成しようとする農業経営の目標、目標を達成するための機械・施設の整備計画及び資金調達方法などを記載した「青年等就農計画」 を作成し、就農地の市町村長から認定を受ける制度です。
 この「青年等就農計画」の認定を受けた青年等を「認定新規就農者」といい、関係機関等から計画達成に向けて重点的な支援が受けられます。

 

○ 認定新規就農者のメリット

1   営農に必要な機械・施設や農地の借地権の取得に利用できる「青年等就農資金」(無利子)の借り入れができます。
国や県、市町村が実施する各種補助事業が活用できます。
農業普及指導センター等からの計画達成に向けた重点的な指導が受けられます。

 

○ 就農計画の申請者要件

1   新たに農業経営を営もうとする青年等(農業経営を開始して5年以内の青年等を含む)。
2  年齢は、原則18歳以上45歳未満の者(別途規定する経歴等がある場合は、65歳未満の者まで申請可能)。
3  年間150日以上の農業従業日数が見込まれる者。
法人にあっては、新に農業経営を営もうとする青年等が役員の過半数を占めている者。

 

○ 就農計画の認定基準

1   その計画が市町村の定める基本構想に照らして適切なものであること。
2   その計画が達成される見込みが確実であること。
3   45歳以上65歳未満の申請者にあっては、その有する知識及び技能が農業経営を開始して5年後の農業経営に関する目標を達成するために適切であること。

 

 

就農計画認定のフローチャート

青年等就農計画の認定フローチャート