就農ガイダンス
 就農までのステップ

 

農業を始めてみたいと思ったら、まず関係窓口に相談。
何から始めるか、どこに相談するかを知る。

   ○県全体・・・新潟県新規就農相談センター
                  ((社)新潟県農林公社青年農業者等育成センター、新潟県農業会議)
   ○地  域・・・市町村、県農業普及指導センター
 
   
就農に必要な情報・知識を十分収集し、やりたい農業のイメージを固める。
   
新潟県の気候風土を知る。実際に農家で農業を体験してみる。
できるだけ多くの地域・事例を見る。
   
固めたイメージを実現できる農地を慎重に選定する。
  ○作物に適した農地を選定
  ○技術習得
  ○自己資金の準備
   
住宅は農地と同一の市町村(地域)で確保する。
  ○家族の生活条件を考慮したうえで、地域住民と良好な関係を築くため、農地と同一集落に
    住居を確保したほうが良い
  ○空き家を借りる場合、修繕費は借主負担となることが多いので、よく納得したうえで借りること
   
就農内容を決定し、資金力・技術力を考慮しながら無理のない就農計画を作成する。
  ○就農計画の作成(栽培技術・経営管理技術の修得計画、作目ごとの経営収支計画、農地の
    取得計画、機械・施設等の導入計画、販売計画、資金の調達計画等)
    ※就農予定地の農業の現状をよく理解し、実現可能な計画とする
  ○経営が安定するまでの生活設計を検討
   
経営の裏づけとなる農業技術の修得を行う。
  ○技術修得研修への参加
   
農地の確保に当たっては経営面積、土地条件を十分検討し、農地の借り入れや
購入の手続きを行う。

  ○農地の借り入れや購入は市町村農業委員会での手続きが必要
   
いよいよ経営開始、自分自身の力で経営が早く安定するようがんばりましょう。
  ○農業で成功するかどうかは「人間関係」。
    地域の農家や住民との信頼関係をいかに構築するかが鍵。
   
    ※上記の流れは、スムーズに就農するための一般的な流れであり、必ずしも手順どおりにしなければ
      ならないというものではありません。